21.04.2014
02:54
8.7°C
vahelduv Today
11..20°C
vahelduv Tomorrow
11..21°C
vahelduv Day after tomorrow
7..21°C
 
MY TALLINN
Page not found

Facts about Tallinn

1 6月下旬のエストニアの白夜の季節では朝の4時から夜11頃まで空が明るい状態が続きます。
2 タリン市にある最も有名な美術品はドイツの芸術家、バーント・ノトケによる15世紀に描かれた「死の舞踏」です。人間が骸骨と踊る様子が壁一面に描かれたその不気味な作品は聖ニコラス教会に飾られています。
3 旧市街にある「針の穴」と呼ばれる最も細い小道は第2次世界大戦から2008年に掘り出され修復されるまで、実に60年の間大戦の空襲を逃れるために埋められていました。
4 ネイツィトルンは「処女の塔」という防衛に使われた塔の名前です。名前の由来は中世に売春婦を閉じ込める牢獄として使われていた為、それにユーモラスな名がつけられました。
5 下町の中心部に位置するソコス・ヴィルホテルの最上階にはラジオルームと呼ばれる秘密部屋があり、70~80年代には、在北ヨーロッパのソビエト大使館が諜報した情報が、モスクワ宛てに暗号化されたメッセージで届けられていました。
6 中世で市に雇われた死刑執行人は当時の迷信深い市民に、「ぶつかると不幸が訪れる」と嫌がられていたので道を歩く際には真っ赤なマントを着用するよう義務づけられていました。
7 旧市街で最長の通りは「ピック」(「長い」の意味)と呼ばれています。また、平行して走る通り「ライ」の意味は「広い」で、その名の通り旧市街で一番幅の広い通りです。
8 タリンが位置する緯度にはストックホルムやアラスカの州都、ジュノーがあります。
9 10世紀あるいは11世紀にトーンペアの丘に建てられた木造の要塞が現在のタリンの始まりであったとされています。のちに同じ場所に現在のトーンペア城が建てられました。
10 タリンにはNATOのサイバーディフェンス研究所が設けられています。
11 1930年代に作られたエストニアの戦前の海軍の遺構でもあるイギリス製の潜水艦、「レンビット」の内部は、タリンの水上飛行機用飛行場にて見学が可能です。
12 1246年に建てられたドミニカ修道院はタリンに現在も残る最古の建築物です。修道院の中庭は夏の間ミュージアムとして使用されます。
13 タリンの一風変わった観光アトラクションのひとつが、「パタレイ収容所」です。有刺鉄線が張り巡らされ見張りの塔がたつこの建物は、ソビエト連邦時代には収容所として使用されていました。2004年に閉鎖されて以降、建物はそのままの形でのこされていました。
14 タリンのレストランはオリジナリティにあふれており、特に肉類では大変珍しいものを口にできます。例えば熊の肉のマリネ、ヘラジカのカレーそしてレイヨウのフリカッセなどが楽しめます。
15 タリン最大の2つの砲塔はパックスマルガレータ(ふとっちょマルガレータ)とキーク・イン・デ・ショク(台所を覗けば)です。どちらも現在は歴史博物館になっています。
16 旧市街に機雷のみを展示した博物館があります。
17 聖カタリーナの小道はタリンで最もロマンチックなスポットです。この素敵な小道では手作りのステンドグラスや陶器、ジュエリー、キルト、革製品や帽子を買うことができます。
18 毎年クリスマスの季節になると旧市庁舎広場で数週間にわたってクリスマスマーケットが開かれ、プレゼントの購入、コンサート鑑賞、サンタクロース訪問やスパイシーなホットワインを堪能するなど、本場のクリスマスを楽しむことができます。
19 歴史上タリンはドイツ名、「レイバール」として知られていました。
20 ディスカバリーチャンネルによって2008年にタリンは無料でワイヤレスインターネットアクセスを提供する場所の多さで世界トップ10入りを果たしました。
21 デンマークの国旗はタリンで生まれました。伝説によると1219年のトーンペアの丘で戦いの最中に空からこの旗が降り落ち、デンマークを勝利に導いたとされています。
22 2011年、タリン市は欧州文化首都に選出されました。
23 タリンの旧市街を囲む長さ1.9kmにおよぶ城壁は今も当時の姿を残したまま残っています。城壁には20の塔と2つの門があります。
24 314mのタリンのテレビ塔はエストニア一高い建物です。快晴の日には展望台からフィンランドの海岸線を見ることができます。
25 1980年のモスクワ・オリンピックでヨットの選手がタリンに集まり、世界の注目を浴びました。
26 1284年にタリンは中世の時代に政治的、商業的に力を持った都市が集まるハンザ同盟に加盟しました。
27 タリンはビーチがあることでも有名です。中心部から少し離れたピリタ地区には2kmにおよぶビーチがあります。
28 タリンの煙突掃除夫は現在も19世紀の時代の制服を使用しており、彼らの真鍮のボタンを触ることは幸運を呼ぶとされています。
29 ソビエト連邦時代、タリンやエストニア北部は唯一西側諸国のテレビ番組を受信できる地域でした。
30 タリンが記された最古の記録は、1154年にアラブの製図化アル・イドリシが地図にその存在を記したことです。
31 タリンで最も有名なシンボルは旧市庁舎の塔に立つ衛兵の「トーマスじいさん」の風向計です。オリジナルは1530年に作られました。
32 1997年にタリンの旧市街は「最も優れた状態で保たれた北ヨーロッパを代表する中世の商業都市」としてユネスコの世界遺産に登録されました。
33 中世では城壁の門は夜9時に閉ざされ、それ以降は外出禁止令が出されていました。よほどの理由がない限り、外出した人は投獄されました。
34 タリンの人口はおよそ40万人で、エストニアの総人口134万人の約30パーセントがタリンに住んでいます。
35 有名なカドリオルグ宮殿はロシア皇帝、ピョートル大帝によって建てられ1718年に完成しました。
36 毎年11月から12月にかけてタリンではバルト諸国一規模の大きい映画祭、「ブラックナイト映画祭」が開催されます。
37 1402年~1404年の間に建てられたタリン旧市庁舎は、北ヨーロッパにおいて最も状態良く保たれている市庁舎です。
38 市庁舎広場にある「ラエ薬局」は1422年にオープンしたヨーロッパ最古の現在も営業を続ける薬局です。
39 1549年から1625年にかけて、聖オルヴィス教会は、その高さ159メートルの尖塔の部分を含め世界一の高さを誇っていました。
40 5年ごとにタリンにある「歌の広場」でおこなわれる「エストニア歌とダンスの祭典」は、平均3万人という世界一参加人数の多い、歌のイベントです。
41 旧市街には「猫の井戸」という公共の井戸があります。中世の人々は井戸に悪霊がいると信じており、その霊が出てこないよう生贄として猫を投げ入れる習慣があったことからこの名がつけられました。
42 タリンからヘルシンキの距離はわずか85km。この2つの都市は約2時間もしくはそれ以下の時間でフェリーによって結ばれています。
43 タリンはクルーズ旅行で訪れるのに人気が高い都市で、毎年約300もの船がタリンの港を訪れます。
44 旧市庁舎広場にある丸い石は、市内で唯一中世時代に建てられた5本の尖塔を一度に眺めることができるスポットです。
45 伝説によるとトーンペアの丘はエストニアの神話に登場する英雄、カレフのお墓があった場所です。
46 2003年に城壁付近で工事中、17世紀に作られた地下の防衛トンネルが発見されました。
47 記録によるとブラックヘッド組合の商人が1441年に市庁舎広場に立てた松科の木がヨーロッパにおける最古の公共の場に設置されたクリスマスツリーだと言われています。
48 タリン動物園のメインアトラクション、アムールヒョウは絶滅危惧で、現在野生では30~35匹しか生存が確認されていない珍しい動物です。
49 毎年クリスマスの季節になると旧市庁舎広場で数週間にわたってクリスマスマーケットが開かれ、プレゼントの購入、コンサート鑑賞、サンタクロース訪問やスパイシーなホットワインを堪能するなど、本場のクリスマスを楽しむことができます。
50 毎年6月に1週間に及ぶタリン最大の中世をテーマにしたイベント、「オールドタウンデイズフェスティバル」が開催されます。
51 第二次世界大戦中、たくさんの市民が17世紀に作られた旧市街の地下防衛トンネルを防空壕として使用しました。2010年3月よりこのトンネルは観光アトラクションとしてオープンしました。
52 タリンを代表する甘いリキュール、ヴァナ・タリンは1960年代に作られました。一般的にはストレート、もしくはコーヒーに加えて飲まれます。
53 マイアスモック・カフェは1864年に創業したタリン一古いカフェです。
54 ソビエト連邦からの独立を人々は「歌の革命」と呼んでいます。1988年に開催された歌の祭典で、歌を通して政治的なメッセージを発したことからそう呼ばれるようになりました。
55 スパイカメラで有名なミノックスカメラは1930年代にタリンで発明されました。
56 世界的に有名なIP通信システムであるSkypeはエストニアで開発されました。
57 タリン国際空港はタリン市中心部からわずか4.5km。交通状況が良ければタクシーで中心部のホテルまで約10分で到着します。
58 タリンを走るトラムの交通システムは1888年に作られました。
59 中世のタリンの法律によると、主人から逃げて1年と1日の間その正体が見つかることなく市内に隠れることができた農奴は、永久に自由の身になることができたそうです。
60 ソビエト連邦時代、在タリンのKGBは聖オルヴィス教会の尖塔をラジオタワーとして使用していました。
Web solution by Wiseman